蒸し

米を蒸す光景です。

甑(こしき)と呼ばれる蒸し器からすごい量の蒸気があふれ出てきています。

画像の中央にある布で覆われた所に米が入っています。
板をはさんだその下は蒸気発生装置となっていて、
板にあけた穴から蒸気が上り、米を蒸しています。

この米は仕込みの掛け米として、
蒸して少し放熱させたあとすぐに、エアシューターで仕込みタンクへと送られます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。